独一無二

撲滅、更正改革に続く三度目の改題。
信じるのは、ただひたすら己の治癒能力。
もう惑わされる事なく、思うままにどこまでも。
2006.11.16 閉鎖します〜 
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 検査検査は目玉が落ちる | main | 我が計画が〜 >>

意識改善とは???

他人と比べるられるわけでは無いので、果たしてどうとるべきなのか?
不思議と毎日爽やかなる日々を過ごしている。
体調も全く問題なく、食事も美味い。仕事も恙無く(サボりつつ;;)、周りの
皆様のご好意により続けていく事が出来ている。

ガンと告知される直前、一寸先は闇だった。
ガンであると考える前、ずっと白いモヤが頭の中にかかっていた。
今は明るくスッキリとしている。
「生きる事」を願い、後ろ向きを前向きに変えただけ。
単純といえば、単純かもしれないがそんなモンで良いんじゃないか?と思う。
某サイトに書き込んでみたが「意識改善」とはそんな簡単な物じゃないと
若干の否定めいた言葉を頂戴した。
ふ〜ん
じゃあ、どないすれば?と考える。
その某サイト紹介の治ったサンの一例を、曲解で挙げてみるなら・・・
仕事、家庭、その他己に関わる全てを放棄し、一切は己の感情のなすがまま。
自分は全てのストレスから開放されて、ガンの存在に感謝し・・・
 仕事しなくても生きられるのは羨ましい。自分が蓄えた資財、もしくは配偶者、
 親親族が嗜好品まで買ってくれる。それはイイ。
 自分は病気だから、家族にソレを強いて自分のペースに合わせさせる。
  無論、相手がソレに多大なる理解を示してくれるならば強制でもなんでもないが
 イヤだと思うヒトとは付き合わない(そりゃ、ソレに限るわい)。
 野山に籠もって隠居か・・・・・
  自分にはそんな治ったサンみたいなマネは出来ないから、簡単じゃないよ
  なんて発言したりして・・・って解釈してしまう。
果たして、コレが意識改善であろうか?
一見、素晴しいように見えるがこれってエゴイズムの極地では?
出来ない立場の人間はどうすりゃいいのさ?
あくまでも我輩の曲解であると思うが、結局「出口無き迷路」「不治の病」
なんじゃないか?と自ら思い込んでいるようにも感じられる。
誰かに「救って」欲しいと願う心が強い、と感じる。大乗だね
って、エラそ〜に
実はこうして書いているのは、まだまだ回りに流されている証拠だったりして。
「唯我独尊」が確立されていないから、改めて誓うのだ。

今、実行している事。
西洋医学における最新治療=術前化学療法=治療中
 ハゲたのも、結構楽やで。汗かくのだけは堪らんけどな〜
一番変えた、心の在り方
 短気は損気やで
気功・ヨガ(自宅で自我流だけど)&太極拳(今月受付してくれないかも〜〜)
 いや、マジ。市民体育祭への出場練習とかで、10月まで新人教えていられる
 ヒマが無いかもとか・・・イヤ〜ン!一ヶ月¥1500やねんから逃す手は無い!
 見てるだけでもいいから、参加させてケロ
NK細胞を増やす為のイメージトレーニング(笑いや、ツボなど)
サプリを毎日確実に摂取、食事の一部も改善。
枇杷葉を使っての温灸方法なんかも実行してみようと考えている。
魔法の言葉の実行^^(毎日、子供たちを怒鳴ってはリセットじゃ;;;)
他、免疫力を高める方法はどんどん取り込もうと思っている。
こうやって考えてると、毎日結構楽しいよラッキー

焦って、今すぐ患部を切り取るわけにも行かないし、医者の立場でいっても
全然焦っている風が見られない。
体調が良いがん患者が居たって良いだろう。他の人の体調なんか分らんわい。
人から言われるまでも無く、ムリは今一切していない。実は自己中的に動いている。
「死」に怯えるのは誰しも同じ条件だ。
  十住心論は理解は出来るが、実行にはまだまだ恒我沙以上の距離があるね
ただ、健常者よりも少し早く「死」の存在に気付いただけの事。
それは大いなる収穫だよ。

してはて、これでも足りない、治らない=不治。ガンをナメるな!
というなれば、我が手で作って見せよう。「奇跡」とやらを。
 奇跡なんて、歩いては来ないぜ。自分で掴むもんだ!
本日の気分 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

初めまして。
乳がんリングからきました。
私も炎症性ですが骨転移治療中です。
炎症性の方のブログにぶつかることは
レアなので書き込みさせていただきました。
炎症性仲間が数名おり(爆)←いや笑うとこじゃない!?
情報交換したり遊んだり(こちらが多いけど)
しています。
また遊びにきます。
私は骨転移しましたが
炎症性すべてがそーではない!
という事を実証してください。
今そー実証しつつある仲間もいます。
また遊びにこさせてください(^^ゞ
ぶげまま | 2006/09/05 6:16 PM
ぶげまま様
ようこそのお運びありがとうございます!
私も既に貴サイトを隅から隅までじっくり拝見させて
頂いています。
 いつも書き込ませて頂こうと思いつつ・・・
同じ炎症性なんだな、と少し妙な安心感を覚えたりして
いつも前向きにいらっしゃるぶげまま様のサイト楽しみに
しています。
一人ひとり全て違うので、情報に振り回されぬよう
一生懸命、根を生やそうとしています。
同じ病でお知り合いになれたのも何かのご縁。
これからもよろしくお願いします〜
仕事中にアップしていますので、土日はサボり気味です;;
NARO | 2006/09/06 10:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS