独一無二

撲滅、更正改革に続く三度目の改題。
信じるのは、ただひたすら己の治癒能力。
もう惑わされる事なく、思うままにどこまでも。
2006.11.16 閉鎖します〜 
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 傲慢にも | main | 太極拳 三回目 >>

賛否両論説 其の1

万民が賛成もしくは反対する事象は存在しないもの。
例えば、あれ程意味不明な北朝鮮。制裁を加えるのは当然、と思いきや
やはり今まで通り続けるべきだ(国民の為に←今までだって届いてないだろ?)
って意見も多々ある。
治療分野においても然り。
西洋医学と代替医療。これはどうだろう?
一般的に、病気になったら普通はその辺にある医者に行くのが普通。
我輩も、鼻炎があるのでどうしても酷くなったら近くの耳鼻科に行く。
命に別状ないのはソレでいい。
だが、未だ「不治の病」扱いされている、ガン治療はその辺の病院で良いか?

ガンになってから詳しく調べたが、
現行一般的治療は全て西洋医学による
手術=切って棄てる
抗がん剤=取敢えずソコから居なくする
放射線=取敢えず焼いてソコから居なくする
の三大治療がまかり通っている。一応自分とても抗がん剤だけは使用している。

果たして効果の程は如何なものか?

治ってないよね〜、皆、揃って再発転移してるよね〜(無論全員じゃないけど)。
根本治療になっていないから。
生活改善は言わないから。(ダイエット位は言うかもしれないけど)
体力だけバシバシ奪い取って、強引に治療するからこうなるね。
でも、コレしかないから、と思ってホンネはイヤでも受け続けるね。
ボロボロになったら、別のクスリで補って・・ソレが加わって更にボロボロ・・・・
ブログ等で拝見してるだけで恐ろしくなる。

ガンで死ぬ
ソレは、体力と自己治癒能力を奪われて失意の中で儚くなる事が大多数では
ないだろうか??

さて一方、限りなく胡散臭い「代替医療」。
エビデンスも(本当はあるけど)認められぬ、マガイモノ治療。
一般的には東洋医学等と称され、手術などは基本的に無し。
お手当てといわれる、灸や生薬=健康食品・サプリと称される=、食事改善を
主として、動物が本来持つ自己治癒能力を最大限に高める方法。
西洋医学で「治らない」と言い切る骨転移、末期をも乗り越える勇気を与える
手法ナリ。実例も多数有り。
 メールでも気安く質問に答えてくれるサイト数有り。実に親身に回答下さる。
併用する医院は増えてるけれども、併用する限りメインは西洋医学。
代替医療のみ受けたい、ってのは現状ではお断りが殆ど。

特にこのサプリメント。
コイツが胡散臭い。「サプリでガンは治らない!」とデカデカ報道される事も
多々あり。
ほな何なら治るんや?って、こ〜ゆう輩はただただ非難するのみ。
食事療法、コレも惑わされる。
果物が悪い、乳製品が悪い、カテキンが悪い・・一方ではそれは抗がん作用有り
と謳われる。何じゃそりゃ?

しかしながら、上記には賛否両論と書いたが
西洋医学の三大療法。コレだけは、副作用の方がキツい!と満場一致しているのでは
ないだろうか?効果も無論有るが・・・
医者自らがガンになった際、抗がん剤使うか?のアンケートに9割方が
「使わない」と回答。そして誰よりも早く絶望に満ちてあっという間に
儚くなるとな。。。。。

我輩は、自分で調べた結果、悪までも個人的意見として
「代替医療」の方がヒトらしい治療方法だと思っている。
原因がわからないのはどちらも同じ。人類の限界だろう。だが、本来備える
動物独自(ヒトも動物よ)の治癒能力を奪い去る西洋的治療方法はどうだろう?

そして、実際実行してみた。
うう〜〜ん、効く!!
副作用が殆ど無い、と言っているのは代替医療のお陰だと信じて疑わない。
 髪は実行前だったので間に合わなかった;;;今は結構フサフサよ
痛みも徐々に引いている。FECは既に殆ど抜けたと思うが、生薬利用により
赤味が引いてきている。他人が見てもそうだと言うから間違いない。
 あ、因みに白血球の数そのものは6400をキープ。好中球が3900かな?
それでも胡散臭い商品である事には変わりない。
大概の医者は自分の「実験結果」の数値が狂うから「止めろ」と言う。

 こんな例を某サイトで見た
Aサンは末期といわれ、余命も2ヶ月と(エラそうに)診断を下された。
しかし、身内の勧めでサプリをせっせと摂取。あら不思議、みるみる内に
体力漲り、2ヶ月を過ぎてもまだ元気。
不振に思った医師、Aサンに問い詰める。「まだなんで生きているのか?」と
言わんばかりに・・・
白状しました。サプリで元気になったと・・医師はお怒りだ、強制的に
止めさせ、強制入院。泣く泣く従ったAサン。見事に2ヶ月後お亡くなりに
なりました、とさ。
医者の立場上から出た行為だとは思うが、命優先でない事は確かだね。
誤診しても、ゴメンが言えない。

告知後、3ヶ月。
自分の進む道は「自己治癒能力」を信じる事。
タキソールで最後にするつもりである。炎症性には効果があるから・・
 早く小さくなって欲しいし
この記事そのものが正に賛否両論?
でも、どうか皆様自分の進む道を迷わずお進み下さいね〜
我がブログ如きに惑わされること無く・・・
関連事項とか・・ | permalink | comments(4) | trackbacks(7)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

がんだと解っているのに治せない、再発を完全に防げない・・・
全く、手探りの医療につき合わされてると思います
でも、今の所は西洋医学にお世話になるしかないかなぁ〜という考えです
これは、性格的なものであって他意はありません
治療の選択って、患者の気持ちを優先するのが一番ですものね
それが、後悔しない事に繋がりますよね
マリン | 2006/11/03 1:13 PM
NAROさん、こんばんは。

なかなか難しい話だね。
何に効果があるかは本当に個人別々だと思う。

癌のリスクはこれだから注意した生活をすれば
癌にならないかって?
現実私リスクに入っていないが乳癌になっているものね。

自己決定で自己責任っていい加減な事しか言えないけど
それしかないよね。
私のブログのブックマークに独立行政法人 
国立健康・栄養研究所から出された情報をリンクしてあります。

サプリに関しての情報ですからお時間ありましたら。
ほっこ | 2006/11/03 9:59 PM
私は、西洋医学と東洋医学、どちらも併用したいと言うのが本心です。
ですが、代替療法は一部、紛れもなく「金儲け」の材料にされているのも事実。
西洋医学が免疫を落とすのも事実。

実際何をすれば、自分にとって「最良」なのか…
やってみなきゃ解らないって奴ですよね?

NAROさんの強い闘争心、
いつも天晴れに思います。

タキソールの副作用も、少なく乗り越えられそうですね(^-^)
くにまげ | 2006/11/03 10:13 PM
>マリンさん
それが一番良いのですよ。自分で「受けたい」
治療を受ける事で、安心するし、それが「治る!」
と言う気力に繋がると思います。
道は違えど、願いは一つでありましょう。
食べ物はでも大切ですよ。お大事に

>ほっこさん
なっちまったモンは仕方が無い。
我輩も、食生活リスクは基本的に入っていないと思います。
ただ、どこかでお互い免疫下げてしまって、体の一部を
不良細胞に乗っ取られてしまったんですね。
いつ、どこで?かはわからない。まだまだ研究不足の分野
であります。
自己責任でもって、望む治療を受ける事が一番大切
ですね
紹介頂いたリンク、大分前から存じています。

>くにまげさん
誇大広告、嘘八百・・・それ故に胡散臭いのが代替医療。
無論、効果もあるけれども現時点では、世間一般的には
認めてもらっていない分野。だからこそ賛否両論。
医者の言う事を鵜呑みにするのだけはどうかな??
ヒトの言いなりにならず、何でも試してみるのが好きなんで、結果として良い方、向いたかな?
NARO | 2006/11/04 7:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
”がん”と言う病気は、テレビドラマの世界のものと思ってました。 ほんの数年前に、父親が”がん”を患い抗がん剤治療を続けていました。 治療の甲斐なく他界してしまいましたが、抗がん剤治療は本当に必要なのでしょうか?
抗がん剤の功罪 | 抗がん剤治療 | 2006/12/12 2:20 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/01/08 11:38 PM
強い貪食能力を持ち、細菌などの体内の有害物を除去する役割がある。しかし、感染などの防御反応として生体に有利に働くだけでなく、場合によっては組織障害性に働くこともある。直径10〜12μm。寿命は1〜2日。・4月第2週の論文・告知?(2005年11月)・賛否両論説 其の
医学を集めた | 医学を集めた | 2007/04/18 2:42 PM
『元気で長生き研究会』の尾島さんからのメッセージです。がんの場合、治療、免疫療法、健康食品など、同じ事をしていても、治る人とそうでない人がいます。またどうして奇跡が起きるのか?個人差とは何なのか?治癒する人は、共通である「治癒のストーリー」を持ってい
ガンが治癒する人は「治癒のストーリー」を持っている | ガンと闘い生きるための『ガン治癒の為のストーリー作成方法』 | 2007/04/28 8:39 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/04/30 5:32 AM
抗がん剤治療は、がん治療を大きく変えました。進行がんの患者の寿命を延ばし、以前は治らないと言われた白血病が、抗がん剤治療によって5割が治るようになり、最近は固形がんでも、放射線治療と抗がん剤治療との併用で、治療効果を上げる例が出てきました。
抗がん剤治療の有用性 | 抗がん剤治療の有用性 | 2007/05/02 12:35 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/03 11:35 PM
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS